最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

×この表示を閉じて、今後表示させない

生命保険の3つのかたち

生命保険の3つのかたち

生命保険には大きく3つのかたちがあります。それぞれ特徴があり、目的によって用途が変わってきます。
ここでは、基本的な特徴をまとめておりますので、ご参考にされてください。

定期保険

定期

 

 

 

 

 

 

 

10年、15年など一定期間の死亡を保障する保険です。基本的には掛け捨てで、解約払戻金はないか、あってもごく僅かです。また、養老保険、終身保険と比較して、一般的に保険料は割安です。

お子様が独立するまで、定年退職するまで等、決まった期間の保障を大きく持ちたい方におすすめです。

養老保険

養老

 

 

 

 

 

 

定期保険と同様に、一定期間の死亡を保障する保険です。養老保険には満期保険金があり、死亡の際と同額の保険金が支払われます。定期保険、終身保険と比較すると、一般的に保険料は割高です。

貯蓄性を重視される方におすすめです。

終身保険

終身

 

 

 

 

 

 

 

保障が一生涯続き、死亡の際に保険金が支払われます。基本的には掛け捨てでなく、解約払戻金があります。保険料は定期保険より一般的に割高です。

お葬式代や死後整理資金に備えるのがおすすめです。

 

世の中に保険種類はたくさんありますが、基本的にはこの3つに分類できます。保険期間による違い、返戻金による違いを見て判断されるのがよいでしょう。

  • 保険相談専用フォーム
  • アフラック、お見積もり・資料請求

1403-KL08-S1125

ページ先頭へ