最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

×この表示を閉じて、今後表示させない

定期券・ロングライフパス

※2021年3月6日(土)のICカード「nimoca」ご利用開始以降、これまでの区間定期券(●●バス停⇔▲▲バス停の区間内)もご購入いただけます。区間定期券の料金に変更はありませんが、nimocaカードを新規購入される場合は、定期券料金のほかにデポジット(預り金)500円が必要です。

※「環境定期券」制度は、2021年3月5日(金)をもって制度を終了いたしました。

 

 

区間定期券代(一般・学生)のお問い合わせについて

ホームページ・ウェブ時刻表では乗り換えを含む区間について正しく定期代をご案内出来ない場合があるため、区間定期の料金を掲載しておりません。 恐れ入りますが、本社自動車部(083-232-7775、平日8:30~17:30)までお問い合わせ願います。
尚、外部サイトにて定期券料金が表示されている場合がありますが、弊社が公式に確認したものではございませんのでご注意願います。
一般フリー・学生フリー定期の価格はこのページ下部に掲載がございます。

 

障がい者の方の割引制度について

障がい者の方の普通運賃・定期券の割引については、「各種割引」ページ をご確認ください。

 

サンデン交通が発売する定期券の種類

フリー定期券のエリア区分(エリアA・B・C)については こちらの「エリア範囲」資料(PDF版) をご覧ください。
なお、一般フリー定期券・学生フリー定期券・ロングライフパスは、下関-福岡線、下関-山口宇部空港線(特急宇部空港行き・特急下関駅行き)では定期券としてはご利用いただけません。(電子マネーによる運賃の支払いにはご利用可能です)
また、一般フリー定期券・学生フリー定期券・ロングライフパスは、サンデン交通のバスでのみ利用可能です。同じ路線を運行しているブルーライン交通・船木鉄道・宇部市交通局・防長交通のバスでは利用できませんのでご注意ください。

すべて交通系ICカード「nimoca」に搭載して発売します。
既に他社の有効なバス定期券情報が記録されているnimocaでは、当社の定期券を発売することはできません。
その際はお手数ですが別のnimocaカードをお持ちいただくか、新規カードのご購入をお願いいたします。

名称通用期間ご利用可能エリア
一般定期券(区間)1か月・3か月・6か月ご購入時に指定していただいたバス停
(●●バス停から▲▲バス停まで)の区間内 
学生定期券(区間)1か月・3か月・6か月
1学期・2学期・3学期 
一般フリー定期券1か月・3か月・6か月エリアA・エリアB・エリアCの3種類
(ご購入時にエリアを指定してください)
学生フリー定期券1か月・3か月・6か月
1学期・2学期・3学期 
ロングライフパス65
(65歳以上の方)
1か月・3か月・6か月エリアAの1種類のみ
※下関-福岡線では有効期限内の券面をご提示いただくと
半額の790円でご乗車いただけます
ロングライフパス
(70歳以上の方)

 

発売開始日

定期券の新規購入・継続購入ともに、ご使用開始日の1か月前より発売いたします。
(前の月の同じ日付より発売、4/1開始の定期券であれば3/1よりご購入いただけます)

継続ご購入の際は、ご利用中のnimocaカード(定期券が搭載されたもの)を売り場にお持ちください。
券面に印字されている定期券情報を書き換えて発売します(カードは同じものを繰り返し使用します)。

 

一般定期券(区間)

対象者

どなたでもご購入いただけます。

対象路線

サンデン交通が運行する全路線(下関-福岡線は除きます)で、
購入時に起点・終点(●●バス停から▲▲バス停まで)を指定していただきます。

通用期間

1か月・3か月・6か月の3種類がございます。

発売金額

ご利用区間・通用期間によって異なりますので、お手数ですがお問い合わせください。

 

学生定期券(区間)

対象者

児童・生徒・学生であることが証明できる方
(学校長の証明印が押された定期券申込書、学生証の提示など)

対象路線

サンデン交通が運行する全路線(下関-福岡線は除きます)で、
購入時に起点・終点(●●バス停から▲▲バス停まで)を指定していただきます。

通用期間

1か月・3か月・6か月、また1学期・2学期・3学期の学期別券もございます。

発売金額

ご利用区間・通用期間によって異なりますので、お手数ですがお問い合わせください。
また学期別券につきましては、毎年の各学校での始業式・終業式の日にちによって金額が異なります。

 

一般フリー定期

対象者

どなたでもご購入いただけます。

ご利用可能エリア

エリアA・B・Cの3種類から、ご購入時にエリアを指定してください(エリア範囲はこちら
ただし、下関-福岡線、下関-山口宇部空港線(特急山口宇部空港行き・特急下関駅行き)では、
定期券としてはご利用いただけません。(電子マネーによる運賃の支払いにはご利用可能です)

通用期間と発売金額

ご利用可能エリア通用期間発売金額
エリアA1か月14,000円
3か月40,000円
6か月75,600円
エリアB1か月12,000円
3か月34,200円
6か月64,800円
エリアC1か月10,000円
3か月28,500円
6か月54,000円

 

学生フリー定期

対象者

児童・生徒・学生であることが証明できる方
(学校長の証明印が押された定期券申込書、学生証の提示など)

ご利用可能エリア

エリアA・B・Cの3種類から、ご購入時にエリアを指定してください(エリア範囲はこちら
ただし、下関-福岡線、下関-山口宇部空港線(特急山口宇部空港行き・特急下関駅行き)では、
定期券としてはご利用いただけません。(電子マネーによる運賃の支払いにはご利用可能です)

通用期間と発売金額

ご利用可能エリア通用期間発売金額
エリアA1か月12,600円
3か月35,800円
6か月68,000円
エリアB1か月10,800円
3か月30,800円
6か月58,300円
エリアC1か月9,000円
3か月25,700円
6か月48,600円

※1学期・2学期・3学期の学期別券につきましては、毎年の各学校での始業式・終業式の日にちによって金額が異なりますので、お問い合わせください。 

 

ロングライフパス

対象者

65歳以上の方は「ロングライフパス65」を、70歳以上の方は「ロングライフパス」をご購入いただけます。

ご利用可能エリア

エリアAの1種類のみ。(エリア範囲はこちら
ただし、下関-福岡線、下関-山口宇部空港線(特急山口宇部空港行き・特急下関駅行き)では、
定期券としてはご利用いただけません。(電子マネーによる運賃の支払いにはご利用可能です)

バスをご利用の際には

乗車時・・・乗車口にある「乗車リーダー」にICカードを1秒間タッチしてください。

降車時・・・ロングライフパスのケースに入った写真を乗務員にお見せください

      その後で運賃箱にある「降車リーダー」にICカードを1秒間タッチしてください。

nimoca_howto1

 

下関-福岡線でのご利用について

バス降車時に有効期限内のロングライフパスをご提示いただくと、半額の790円でご利用いただけます。
ご利用方法など詳しくは 「下関-福岡線 『ロングライフパス』をお持ちの方へ」 をご覧ください。

 

通用期間と発売金額

種類ご利用可能エリア通用期間発売金額
ロングライフパス65
(65歳以上の方)
エリアA
(1種類のみ)
1か月7,700円
3か月17,000円
6か月32,300円
ロングライフパス
(70歳以上の方)
エリアA
(1種類のみ)
1か月7,000円
3か月14,900円
6か月28,300円

 

運転免許証を返納された方は、ご購入時に窓口にて「運転経歴証明書」をご提示いただくと、ロングライフパスを上記発売価格から1,000割引いたします(返納日より1年未満に限ります)
※運転経歴証明書について詳しくはこちら(「山口県警察」のホームページに移動します)

 

ご購入の際に必要なもの

①証明(顔)写真1枚(6ヶ月以内に撮影されたもの。)

タテ3㎝×ヨコ2.5㎝ 白黒・カラーともに可。

写真は一度提出していただければ以後不要です。
ただし、顔写真が古くなりご本人かどうか確認できなくなった場合には、
新しい写真に入れ替えていただきますようお願い申し上げます。

②年令を証明する公的証明書

(運転免許証、健康保険証、年金手帳、運転経歴証明書など、コピーも可。)

※代理人によるご購入の場合も上記①②が必要です。
 継続購入の場合は旧券を販売窓口にお出しいただければ、上記①②は不要です。

 

ロングライフパスご購入者様へのお願い

・ロングライフパスは写真が付いた定期券になります。
 必ず専用のパスケースに写真とICカードをお入れください
(専用のパスケースは初回ご購入時にお渡ししております)

・ICカードに写真やシールを直接貼らないでください
 機械に投入した際に故障の原因となりますのでお止めください。

 

払い戻し手続きについて

定期券売り場にて手続きをお願い致します。
払い戻し手続きの際は、ご本人様を確認する書類1点をお持ちください
(例:運転免許証・パスポート・健康保険証・年金手帳・学生証などから1点)

払い戻し手続きができるのはお手持ちの定期券・ロングライフパスの有効期限内に限りますので、ご注意願います。
以下の計算式にて払戻額を算出致しますが、お手持ちの定期券のご使用日数によっては払戻額がない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

nimoca(ICカード)自体を解約される場合には、別に手続きが必要です。
詳しくはnimocaのご利用案内ページをご覧ください。

 

払い戻し金額の計算式

●定期券の払戻しに関する共通事項

・経過日数とは定期券に記載の使用開始日から窓口へ払い戻しにお越しになった当日を含む日数のことです。

 

●区間定期(通勤・通学ともに)
払い戻し額=定期券に記載の発売金額 -(基準運賃 × 2(往復の場合、片道は×1)× 経過日数)- 手数料520円

※定期券の区間が乗り換えを含む場合は、基準運賃は定期券販売用に換算した運賃で計算いたします。
 ご不明な場合はお手数ですが弊社までお問い合わせください。

 

【計算例】通勤の往復定期券で、基準運賃(片道運賃)が200円、1ヶ月の定期料金が8,310円、
     使用期間が4/10~5/9のものを 4/19に払い戻した場合。

     8,310円 -(200円×2×10日)- 520円 = 3,790円が払戻額です。

 

●一般フリー定期

払い戻し額=定期券に記載の発売金額 - (基準運賃 × 2 × 経過日数) - 手数料520円

一般フリー定期のエリア基準運賃
エリアA340円
エリアB300円
エリアC250円

 

●学生フリー定期

払い戻し額=定期券に記載の発売金額 - (基準運賃 × 2 × 経過日数) - 手数料520円

学生フリー定期のエリア基準運賃
エリアA300円
エリアB260円
エリアC220円

 

●ロングライフパス

払い戻し額=ロングライフパスに記載の発売金額 - (基準運賃250円 × 2 × 経過日数) - 手数料520円

 

定期券売り場のご案内

こちらの「定期券売り場のご案内」ページをご覧ください。

ページ先頭へ